バナー

医療脱毛のメリットとデメリット

医療脱毛とは、皮膚科や美容クリニック等の医療機関で行われている脱毛の事を言います。現在は、医療脱毛の主流はレーザー脱毛です。レーザー脱毛は、レーザーの黒いものに反応をする性質を利用して、皮膚にはダメージを与えずに、皮膚内部にある毛根のみを破壊する事が出来ます。



1970年代後半まで医療脱毛の主流だった電気針脱毛は、毛穴に針をさしこんで電流を流す事で毛根を破壊して脱毛をする事が出来ます。レーザー脱毛のメリットは、出力が強いレーザーを使用できる為、スピーディーに永久脱毛をする事が出来ると言う点と、肌への刺激が少なく強い痛みを感じる事無く施術が出来ると言う点もメリットです。


医療機関で医師が診断をして施術を行う為、肌トラブルがある人や、現在他の医療機関で病気の治療をしている人でも、その人の状態に合わせて安全な施術を行う事が出来ると言うもメリットです。デメリットは、脱毛を受けている間は日焼けをする事が出来ないと言うがあげられます。



レーザー脱毛は、黒い色に反応するレーザーの性質を利用している為、肌が黒いと充分な脱毛効果を得る事が出来なくなります。

他のデメリットとしては、脱毛サロンとは違い美容クリニックや皮膚科は沢山の提携医院は少なく、通うのが大変であると言う点もあります。



首都圏や、大きな都市の付近の場合は、大手のクリニックが提携医院を経営しているので、提携医院が多いクリニックで施術を受けると良いでしょう。